チームの成果に
つなげるため、日々
がむしゃらに企画中。

2018年入社
ソリューション開発局クリエイティブプランニング部
九州大学 芸術工学部環境設計学科卒業

日々の仕事

言葉や絵を駆使して、
アイディアを産み出す

動画やグラフィックをはじめ、印刷物や企業の会報誌など販促・コミュニケーションツールなど、さまざまな広告クリエイティブの制作業務を担当しています。現在はディレクター見習いとして、上司の仕事にぴったりくっついて、企画出しやコピーライティング、絵コンテやデザインのラフを作ったり、言葉や絵を駆使してアイディア出しに日々励んでいます。部内で一番若手なので、チームとしてよりよい提案や成果につなげるために、とにかくアイディアを沢山出すことが自分の役割だと思っています。

営業を経験した新人時代は
今の仕事の糧になっています

今はクリエイティブ制作の部署に在籍しています。入社当初は営業部の配属で、上司や先輩から社会人・広告会社のイロハを叩き込んでいただきました。最初は不安もありましたが、ファミリーのように居心地が良く、本当に人に恵まれていたと感じます。営業を経験したことで、クライアントや営業からの修正希望や要望を受けたとき、相手の状況や経緯を想像できるので、営業と制作の両方の視点から打開策が検討でき、営業時代の経験や感覚があってこそわかる視点は、私の武器になると感じています。

INTERVIEW

仕事のやりがいや苦労したこと

INTERVIEW

企画前に、現場へ行く
生の気づきがアイディアのヒントに

心がけとして、企画前にできるだけ商品やサービスを実際に体験するようにしています。「広告を分解する勉強会」という、話題になったCMから逆算して広告主の要望や広告会社の戦略を想像し、オリエンまでの道筋を考える会を自主的に上司と行っており「まず生活者の気持ちになろう」と指導されました。店頭で商品を観察すると、陳列場所や価格設定、競合商品との比較など、机の上では気づけない発見が多くあります。生の気づきを元に自分なりにアイディアを練り、実際の提案に向け上司と企画をブラッシュアップしています。この積み重ねが現場で活かせる力につながると思っています。

他者の意見を聞く大切さは、
企画の仕事でも同じ

周りの意見を聞いたりデータを調べたり、企画やアイディアが独りよがりにならないようにしています。新人時代、広告会社の営業マンとしてセンスのある見た目が大事だという思い込みを、先輩から注意されたことがありました。見た目よりも、周りの意見に耳を傾けたり、柔軟な頭を持つことの方が大切だと肝に銘じ、周りの意見を聞くことや、データを調べて企画し、多くの人の共感や理解が得られる企画となるように気をつけています。

大広九州での私の挑戦

いつかYahoo!ニュースに
載る仕事を!

「これ面白いよね」って世間で話題になったり、ちょっとクスっとするようなクリエイティブを作って、広告を見た人たちの心がほぐれるような仕事をしたいです。SNSが流行して自分の意見を発信しやすい反面、ネット上で傷つけ合ってしまう息苦しさも強く感じるので、広告を通して柔らかな気持ちになってもらえたら嬉しいです。Yahoo!ニュースで手掛けた仕事が話題になり、制作チームのメンバーにもスポットライトが当たることが私の理想です。

  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE