相手の目線に立つ姿勢や、
さまざまな意向を
汲みとる調整力を
意識しています。

2017年入社 坂元 大輔
第1営業局第3部
西南学院大学 文学部外国語学科英語専攻卒業

日々の仕事

常にクライアント視点での
コミュニケーションを心がけています

通信販売会社の顧客獲得施策を提案したり、学習塾クライアントの広告活動としてTVCMやWEB動画などの制作から、配信までの手配等を行っています。新規クライアントの開拓も行っており、今伸びている業界や業種を調べ、地場企業にアプローチすることも。営業として、クライアントの視点で考えることをいつも心がけています。自社の提案に対してどんな反応がありそうか、どんなことが指摘されそうか想像しながら、できるだけクライアントの要望に応えられるよう努力しています。

営業兼ディレクターの業務も
任される仕事の範囲は幅広いです

営業の仕事、というとクライアントとのやり取りや予算、進行の管理などが一般的かと思いますが、制作物の全体構成を考えたりディレクションをしたり、業務の幅は広いです。例えばクライアントから制作の案件をいただいた場合、デザイナーとプランナーと私の3名のチームで制作しており、その中で自分は営業兼ディレクターの役割を担っています。業務を通してデザインの知識なども知ることができ、興味深く感じています。

INTERVIEW

仕事のやりがいと挑戦したいこと

INTERVIEW

基本的にNOは言わない
最適な形へ調整するのが自分の役割

営業マンとして、クライアントに基本的にNOは言わないようにしています。チームのスタッフに先方の意向を伝え、最適な落とし所へ調整していくことが自分の役割。最終的にクライアントから「いいものができたね」と言われたり、広告への反響があったと聞くと、特にやりがいを感じます。何かを作ること、世の中に出して影響や反響を生み出せることは広告会社ならではの醍醐味です。お客さまの評価が得られ、かつ売上目標が達成できたときも営業なので嬉しいです。

専門知識を身につけ、
満足度の高い提案ができる広告マンへ

これまでの経験上、営業は専門的な知識より幅広い知識が求められることが多いのですが、あえて自分はWEB運用やマーケティングなどの知識を掘り下げたいと思っています。これからニーズが高まる領域であり、かつスタッフと企画から一緒に考え実施まで行えるようになりたいからです。メディアそれぞれの特徴だけではなく、メディアごとに新サービスがどんどん出てくるので、最新の情報やトレンドを意識してインプットしていきます。専門知識を蓄積し、クライアントに響く提案を行っていきたいです。

大広九州ならではの魅力

地域密着案件も
都市圏の仕事も携われる!

基本的には九州の地場クライアントが多いですが、東京や各都市圏の大企業と仕事をする機会もあるのは、博報堂DYグループに属す大広九州ならではの面白さだと思います。業務の進行として、大きな差はありませんが、金額規模やメディアの扱いが大きくなるので、責任も大きくやりがいを感じられると思います。また九州に根ざした広告会社ながらメディアの扱いも全国で自在にできるなど、グループだからこそのスケールメリットや競争力の高さも大きな強みだと感じます。

  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE
  • GUIDELINE