チーム一丸となって
地元企業の活躍応援。
九州に仕事で恩返しを。

2015年入社 安樂 直弥
第2営業局第1部
九州大学卒業

日々の仕事

既存顧客に向けた会報誌づくりは
普通の広告とは違った視点が必要

第2営業局第1部は、主に通販を主体とされているクライアントを担当しています。その中で、私のメインの業務は既存の顧客に向けた会報誌の制作です。制作会社と協力しながら、企業立案、制作、レスポンス結果分析等を行っています。新しいお客さまに対してのコミュニケーションであるTVCMや新聞等と違い、すでにお客さまになっている方々へ向けて作る広告物なので、普通の広告とは違った視点が必要となってくるのが、面白くもあり難しくもあるところです。

得意先社内での勤務で学んだ
相手の意図を汲み取る大切さ

私は大広九州入社後、得意先に常駐して勤務をする機会をいただきました。当初は不安もありましたが、思い切って飛び込むことで、クライントの思いや議題をより身近に感じることでき、学び、成長できる貴重な体験となりました。以後、打ち合わせでも相手の言葉をそのまま受け止めず、きちんと咀嚼してから理解することと、確認を怠らずに相手の言葉の意図をきちんと汲み取ることを意識して取り組んでいます。

INTERVIEW

仕事のやりがいや苦労したこと

INTERVIEW

仕事の成果が数字に直結!
クライアントに喜んでもらえた

通販の会報誌では、作った誌面でどれだけ商品が売れたかが数字で分かるので、売上が良かった時はその結果がはっきりと分かるという点が魅力です。初めて目標を達成した時は、クライントの担当者にも喜んでいただけて、嬉しく思ったことを覚えています。就職活動をする際に、「なにか制作物に関われる会社で働きたい」「自分のやった仕事の影響力が数字で見える会社で働きたい」という指針を持ったのですが、十分に叶えられていますね。

福岡に居ながら幅広い仕事が出来るのは
大広九州ならではの魅力

福岡は交通の便が良く、通勤に長い時間を取られることも無いので、とても働きやすいところです。仕事の面でも、東京や大阪など、九州以外のクライントとも仕事をできるベースが整っています。自分がやりたいと思えば、福岡に居ながらにして、幅広い地域の仕事ができる中、ほとんど転勤もなく、1つの処で働いて行けるというのは大広九州ならではの魅力の1つだと思っています。今度も、自分の生まれ育った九州を拠点に仕事で恩返しをして行きたいです。

大広九州での私の挑戦

チーム一丸となって
クライントの課題を解決

現在チーム全員、一丸となってクラインとの課題解決、業績アップを目指して取り組んでいます。会報誌やTVCM、ラジオCM、新聞広告、WEB広告、プロモーション等、それぞれ扱う分野は違うものの、クライアントへの意識共有がしっかりできているので、同じような悩みを分かち合うことができて大変心強いです。今後は、クリエイティブの良し悪しを判断できる目と、与えられたデータを的確に分析できる目を兼ね備えた広告マンになりたいと思っています。