東京のネットワークと
意見が通りやすい環境を
活かし、提案をカタチに。

2014年入社 元嶋 政太
第1営業局第1部
神戸大学卒業

日々の仕事

クライアントの課題解決に向け
リクルートや市場調査も実施

営業として、担当させていただいているクライアントから課題をヒアリングし、上司や社内スタッフの力を借りて提案を行っています。私がメインで担当させていただいていますクライアントは、九州だけではなく全国でも展開しており、TVCMやラジオCMの提案だけでなく、リクルートや市場調査など、更なる売上拡大に向けて多岐に渡った業務に携わらせてもらっており、非常にやりがいがあります。

東京のネットワークを
最大限に活用した提案も実施

今、メインのクライアントの本社が東京にあるので、基本的に週の数日を大広の東京本社に常駐をし、いつでも打ち合わせに伺える体制をとっています。そして、福岡に帰ってきて、社内のスタッフと打ち合わせをしたり自分の業務を行なうという形ですね。大広九州はHDYグループのひとつとして、大広の本社や博報堂メディアパートナーズと協力し合える環境にありますが、今後、東京のネットワークを最大限有効に活用していきたいと思っています。

INTERVIEW

仕事のやりがいや苦労したこと

INTERVIEW

一任されたリクルート案件では
有名人を招いての企画も実現

自分が携わったCMが全国でオンエアされたこと、またそのCMの評判がよく、担当者から「ありがとうございます!」と言われた時はうれしかったです。最近はリクルート案件を任せてもらえるようになり、入社式に有名人を招いて一言エールをいただこう!と行った提案がカタチになって、その調整や実行を一任されました。

言われたことは100%で返し、
自分の意見をしっかり持つ

私は、ただ与えられたものだけをやっても、逆に自分の言いたいことだけを言っても、どちらが一方だけでは自分の意見を誰も聞いてくれないと思っているので、まずは与えられたこと、言われたことに対して「100%でしっかり返す」ということを意識しています。その上で、自分なりの意見を発信するようにしています。大広九州は意見交換の場に垣根が無く、先輩が若手の意見を積極的に聞いてくれるので発信もしやすいですね。

大広九州での私の挑戦

他ジャンルの方と対等に意見を交わし、
繋がりを拡大

まだ、たった一人で多くのクライアントを担当する経験をしたことがないので、それができるようなりたいと思っています。広告会社は、いろいろな業種の人と繋がることができるのが魅力ですが、他ジャンルの方と対等に意見を言い合えるように自分自身の知見を拡げていくことが大事だと思っています。また、先輩方に考えを伝えた時、否定をせず「自分はこう思うんだけど」と意見をくださるんですが、自分にはない視点だったなぁと気づかされることが多く、そこから考えが広がったり、まとまったりすることが多いんです。自分も相手の意見に耳を傾け、答えを導いて行ける営業マンになりたいです。