CROSS TALK

悩んでも、落ち込んでも、
怒られても。
頼れる同期がいるから
前向きになれます。

2020年入社山之上 大地
第1営業局第2部
久留米大学経済学部経済学科卒業
担務:クライアントの営業担当

2020年入社西川 菜那
第2営業局第1部
西南学院大学経済学部国際経済学科卒業
担務:クライアントの営業担当

地道な作業が、
仕事においてすごく
大切だと思います。

大広九州は1年目社員や若手の意見も取り入れてくれる、聞いてくれる会社だと感じます。それと正直、広告会社は世間的には忙しくてハードそうなイメージがあるし、私もそう思っていましたが、意外とプライベートな時間もきちんと取れて働きやすいです。もちろん平日の残業もありますが、土日はしっかり休めています。忙しさの波はありますが、働き詰めではないと思います。
大広九州に入社して意外だったのは、営業でも担当クライアントによってはデスクワークが多いところです。学生時代インドの広告会社でインターンシップをしたときは、クライアント先を訪問することが多く常に社外にいる印象でしたが、現在はラジオ出稿に関する業務を任せられていて、考査※や資料作成、CM素材の搬入など、オフィスで行う仕事が多いです。
そうそう。入社してみると、データを集めたり整理したり地道な作業も多いです。広告会社といえば、撮影でタレントと会ったり華やかな仕事のイメージを持つ方も多いと思いますが(私も学生の頃はそう思っていました)、実際は地道な作業の積み重ねがとても重要。最初はきついときもありましたが、その作業が仕事の一番大事な基礎の部分を作るのだと今は思っています。
自分は媒体社とやりとりする仕事が多くて、交渉や営業がうまくいったとき、先輩の力を借りずに自分一人でできたときは、今日はできたなと思いますが、何度も怒られたりうまく行かない日は落ち込んだり…まだまだ一喜一憂する日々です。でも、悩んだとき、落ち込んだとき、怒られたとき、同期同士で話せるのが心強い。
私も悩みを話すことでラクになれるし、いろいろ話して話の締め括りには「もう1回頑張ろう!」と言えるから、失敗や悩みごとに対して前向きに向き合うことができると思います。


※考査…広告主様の、サービス内容(業態)およびCM表現が、民放連の放送基準等に抵触していないか確認する作業のこと。
(http://www.sales-ntv.com/jissen/cm.html よりリライト)

コミュニケーションスキル、
伝え方の大切さを
実感しています。

一番はコミュニケーションスキルです。尊敬する上司から「言葉を巧みに操りなさい」と言われたことがあり、それがとても印象に残っています。自分は交渉の仕事が多く、その際の伝え方がとても大切だと感じています。プレゼン、打合せや業務報告など、常に自分の表現力に磨きをかけたい、うまく伝わるようにと強く意識するようになりました。
私もコミュニケーション力が思っていた以上に大切だと気づかされました。自分の考えを的確に表す言葉を選び、伝え方を学ばないといけない、と。多くの人と関わる仕事なので、相手の考えをしっかり理解したうえで、自分の考えを相手にわかりやすく伝えることが重要だと感じます。例えば日頃から工夫していることとしては、自分の書いたメールを第三者の視点で読み返してから送るようにしています。
そういうやり方もありますね。僕は相手と交渉する際に、深呼吸して落ち着いてゆっくり話すようにしています。難しい交渉ごとになるほど、相手に自分の言う内容を十分に聞いてもらえるよう、丁寧な声のトーンと話すスピードを意識しています。

幅広い経験を積むことができ、
失敗を恐れず
チャレンジできる環境です。

今は通販クライアントを担当していますが、ゆくゆくは幅広い業種のクライアントも担当し、様々な提案ができるようになりたいです。広い視野を持ち、デジタル、テレビ、ラジオとあらゆる媒体を使って、クライアントの売上を高める提案をしたいです。また、常にアンテナを高く持ち「山之上に聞けばなんでもわかる」と言われるような、周囲から頼りにされる広告マンになるのが目標です。
私のやりたいことは二つあって、一つは、業務をこなすことで今はまだ精一杯ですが、これからはもっとクライアントとの距離を縮めて、困ったときに「大広九州の西川さんに相談してみよう」と言われる営業になりたいです。もう一つは、地方創生に関わる仕事をすることです。生まれ育った九州の「田舎」と呼ばれるような場所が注目され、人が多く集まるようなプロジェクトができたらいいなと思います。
社内にはユニークな経歴の方も多く、さらに公私とも仲良くしてもらえる先輩方ばかりです。知的好奇心が旺盛な人、やりたいことがいっぱいある人は、ぜひ大広九州にチャレンジして欲しいなと思います。ちなみに僕は筋トレが好きで、社内に筋トレ仲間がいます。現在、SASUKEを目指してオーディションにもチャレンジ中です。
私自身は特別な経験がないことがコンプレックスだったんですが、入社してどんなことがしたいとか、自分の熱意を伝えられることが就活では大事なのかなと思います。大広九州は、幅広い経験を若いうちから積むことができる上、若手社員を温かく見守ってくださる社風です。新入社員のうちはできなくて当たり前だから何回も聞いていいよと言ってくださる先輩が多く、失敗を恐れずチャレンジでき、わからないことを解消できる環境だと感じます。

二人の先輩から一言

山之上さん先輩社員コメント
山之上さん先輩社員コメント

山之上くんと同じチームで、かつ筋トレ仲間の先輩社員です。
配属されてずっと見ていますが、周りの期待に応えようとする姿勢や業務を吸収しようとする意欲は人一倍あるように感じます。
失敗するととても落ち込んでしまう面もありますが、クライアントの事を一番に考えて行動できるのは山之上くんの良さだと思います。
今は地道な作業も多いようですが、周りのフォロー体制もしっかり整っているので、今後は様々な案件で交渉・提案をしたり、新しい領域へ積極的にチャレンジしてもらいたいです。

西川さん先輩社員コメント
西川さん先輩社員コメント

西川さんの直属の上長です。
西川さんはまず率直に「素直なところ」、そして「笑顔の裏に隠された芯の強さ」が素敵な方だなと。
私は1年目でも10年目でも変わらない態度で部下に接することが多いですが、
西川さんは分からないことでもまずは自分で考えてみて、しっかりと課題に向き合おうとする姿勢があり、この姿勢は今後色々なクライアントの課題に向き合う時に大きな礎になると思っています。
広告会社の営業はいろんな業種・業態を担当でき、様々な経験をできることが楽しいので様々な案件を担当し、楽しみながら「主体的」に提案を行い、クライアントの期待・信頼を得られるようになっていってほしいです。